スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダス・フェアローレネ・パラディースⅡ -オルガチェイン 6 -

-6-

「オルガ・チェインを仕込むぞ」
「武具」から「性具」へと変貌を遂げた愛銃槍を構え、ジェイはディアブロ妻の背後に立った。やや見上げる位置に、しとどに濡れた竜花弁がある。
器頭を花弁の中心部に押し当てる。すぐには挿入させず、入り口の周辺でゆっくりと回す。
『クウウ……』
――いやあ……。

あたかも焦らすかのようなその動きに、ディアブロ妻は甘い声を上げる。
やがてジェイは、ゆっくりと器頭を侵入させた。ディアブロ妻の秘所は、それをほぼ抵抗なく飲み込んでゆく。すでにジェイの男性自身も、インナーの中で激しく猛っている。
『ウキュウ……クウウウウゥゥゥー! クウウウ、キュウゥゥゥー! グウ……クキュウウ……!』
――あなた……見ないでぇぇぇー! 入れられるところ、見ないでぇぇぇー! いや、大きいっ…… 許してあなたぁぁぁー!
人間の人妻であれば、そう言っているに違いない、とジェイは胸中で決め付ける。

「ねえジェイ、旦那が泣いているよ」
パメラのその言葉を聞き、ジェイは視線をディアブロ夫の方へ向けた。器具によって無理矢理開けさせられたディアブロ夫の目から、大粒の涙がぽろぽろとこぼれていた――異種族の変態に陵辱される妻を目の当たりにし、無念至極といったところか。
夫の涙は空気に触れるとすぐさま結晶化し、砂の上に落ちた。
「竜の大粒のナミダか。いい小遣いだね」
パメラはそう言いながら、砂上の結晶を拾う。帰ってから売り払うつもりなのだろう。

「そろそろ奥方を昇らせる。タイミングを合わせて射精させてくれ」
「わかったよ」
パメラはいやらしく笑うと、ディアブロ夫のペニスに右腕を回した。脇の下と腕でカリを締め上げると、アオッと夫が鳴き、身を戦慄かせる。

パメラは左手の掌を夫の亀頭部分に乗せると、ゆっくりと円を描くように動かし始める。幼子の頭を撫でるかのような柔らかい手つきに、ディアブロ夫は体を細かく震わせ、オウッ、オウッ、オウッと、砂漠の王の威厳など微塵もない声で喘ぎ始めた。

その内にパメラは、カリに回した腕も動かし始める。二の腕と腋の下で扱くその動きに、ディアブロ夫の鈴口から大量の先走り汁が湧き出してきた。
「どうだい、あたしの腋コキは?」
そう得意気にパメラは言うと、掌に付いた竜我慢汁を舐める。
「ああ……美味しい……」

『ギュ……クウ……』
――駄目……いく……。
ディアブロ妻が身体を激しく痙攣させる。すでに達しかけている。ジェイはD・V・Pの動きを速めた。
「パメラ、今だ!」
ジェイの呼びかけに応じ、パメラは扱きを速めた。ディアブロ夫のペニスが更に膨張する。
そして、次の刹那。

『キュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウー!』
――いくううウウウウウウウウウウウー!
まず、妻がアクメを得た。

『グオオオオオオオオオオオオーン!』
次いで、ほぼ間を置かずに夫も達する。ぶるっと身を震わせ、喉の奥で鳴きながらディアブロ夫は射精した。凄まじい量の精液が鈴口を押し広げて発射され、宙を舞い砂地に落ちた。

「あはは。沢山出たねぇ。ちょっと顔に掛かっちゃったよ」
ぐったりとするディアブロ夫を見遣りながら、恍惚とした表情でパメラは言うと、顔についた白い飛沫を指で拭い、そのまま口へ運んでじっくりと味わう。
「ああ……たまらない」
パメラは笑顔を浮かべる――竜の精液を口にし、まるでケーキを食べ終えた少女のような顔をするパメラも、やはり糜爛亭に絡むだけあり、一角の異常性癖者であった。

                                                        -続く-

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キリロクブ

Author:キリロクブ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。