スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダス・フェアローレネ・パラディースⅡ -オルガチェイン 1 -

-1-

ある日の晩。
ジェイは店主のバズに呼ばれ「糜爛亭」を訪れた。

糜爛亭はモンスターを「性具」として扱う店であり、特殊な性癖を持つ変態達の憩いの場となっている。
ジェイはこの店に出入りするハンターであり、主に飛竜の雌に「躾」を施し、「商品」として卸している。
世の中、金と変態的な性癖を併せ持つ人間というのは結構いて、「躾」られた飛竜は、常識では考えられないような金額で取引される。

ジェイの「躾」た飛竜は変態どもの間で人気が高く、どの「商品」も異常な高値がつく。そのお陰で、すでに居食いして残りの人生を過ごすことが可能なくらいに金はあるが、彼は飛竜の躾を止めることはない。

それは何故か。

それは、ジェイ自身が飛竜に欲情する変態だからである。辞めたくても――もっとも彼は辞めようとなど一度も思ったことはないが――ただ単に、辞められないだけなのである。


ジェイが店内に入ると、店主のバズが雌ケルビを犯している最中だった。ケルビは床に設置された足枷に、四本の脚を固定されている。背後に立ったバズが、ケルビの臀部を両手で押さえながら腰を動かしていた。バズがパンパンと腰を打ち付ける度、ピイピイという哀れを誘う鳴声が、仄暗い店内に響き渡る。

「よっ、ジェイ」
汗まみれで腰を動かしつつ、バズが言う。
「……お前、変態行為を俺に見せるのが趣味なのか?」
「そんな訳ないだろ。商品のお手入れ中。あれだ、武器屋のおやじが売り物の剣を磨くのと同じ」

パンパン――ピイピイ。

「まったく違う気がするが。で、獲物は?」
ぶっきらぼうにジェイは尋ねた。
「おうっ。ちょっと待っててくれ。もう終わるから」
そう言うとバズは、腰を打ち付ける速度を上げた。速度が増したため、音が「パンパン」から「パパパパパパン」と聞こえるようになった。それに合わせてケルビの鳴声も「ピピピピピピイー」に変化した。

「おおぅケルビ……締まる締まる……。女なんか目じゃねえ」
天井を仰ぎつつ、バズが歓喜の声を上げる。やれやれ、とジェイは頭を振った。
「ううっ……果てる」
バズが呻くように言い、腰の動きを止めた。どうやら射精したらしい。ケルビの脚が、がくがくと震える。バズが腰を離すと、ケルビはピュウゥゥゥとか細く鳴き、その場にくずおれた。

「ふう……」
顔を上気させ、満足げにバズは息をつく。
ケルビの陰部からバズの精液が漏れ出てくる。特殊な性癖を持ち合わせない人間が見たら、目を背けたくなるような光景に違いない。

                                                        -続く-
スポンサーサイト

ダス・フェアローレネ・パラディースⅡ -オルガチェイン 2 -

-2-

「待たせたな……まあ、俺は早漏気味だから、大した時間でもなかったろうが」
男性自身を濡れたてぬぐいで拭きながら、バズがニヤリとする。
「終わってから呼べ――で、獲物は?」
「ディアブロスを番いで納品。しかも「オルガ・チェイン」で繋いで、だってさ」
「……随分と条件が厳しいな」

ジェイは眉根を寄せた。
ディアブロスを性具として納品するという事だけでも難儀する内容であるのに、それを雄と雌の番いで、おまけに「オルガ・チェイン」を繋ぐとなると更に厳しくなる。
「どう使うつもりなんだ」
「野暮なことを聞くもんじゃないぜ、ジェイ」

バズが、ちっちっちっと右手の人差し指を左右に振る。
「商品をどう使うのかなんてのは、お客様の勝手。詮索をしないのがうちのルールだ。お前だって、飛竜をオカズに皮つるみしてます、なんて他人に言いたかないだろ?」
「……やかましい」
ジェイがそっぽを向く。

「歪んだ性癖は、背徳感を抱きながらこっそりと嗜むのが粋ってもんだ」
「……お説はごもっともだが、お前が言うな。俺の前で堂々と歪んだ性癖を晒しているくせに」
「人聞きが悪いなぁ。タイミングが悪いだけだ。俺がお楽しみの所に、お前が折り悪くやってくるだけだろう」
実に心外そうな顔でバズが抗議する。

「くだらんことを――それより、一人でチェインを繋ぐのは物理的に無理だ」
「そんなことは分かってる。だから今回は助っ人を呼んである」
「助っ人……? 珍しいな」
ジェイがそう言うのも尤もで、基本的に糜爛亭の仕事は単独で行う。別にジェイが孤高のハンターを気取っているからではなく、バズの店はギルドからつま弾きにされているため、ハンターを集めようにも中々集まらないのである。そもそもハンターとしてそれなりの腕前で、おまけに飛竜の調教まで請け負う変態など、火竜の天燐なみに稀少なのであるが。

「だろ? しかも女だ」
バズの意外な言葉に、ジェイは少なからず驚いた。以前にも数える程だが、他のハンターと協同で「原料」を卸したことはある。だが、その時のハンターはいずれも男だった。

「狩猟笛使いのパメラちゃんだ。雄の調教にかけちゃあ、この辺で右に出るヤツはいないだろうな。まあ、雄の調教をするヤツがどれだけいるかは知らんが。それはともかく、ハンターとしても、かなりいい腕だぜ――少々変わり者だがな」
「変わり者? この店に絡んでくるのだから、変わり者なのは当たり前だろうが」
ジェイがやや呆れたように言う。
「まあ、そりゃそうなんだが、な。まあ、とにかく気をつけてくれ」
何故かバズは、曖昧に笑うだけだった。そんなバズの様子に少しだけ釈然としないまま、ジェイは店を後にした。

                                                        -続く-

ダス・フェアローレネ・パラディースⅡ-オルガチェイン 3 -

-3-

翌日、ジェイはガレオスSシリーズに身を包み、砂漠に赴いた。
背負っている武器は、D・V・P――ダス・フェアローレネ・パラディース。
数々の雌飛竜を服従させてきたこの淫靡なガンランスは、ガンチャリオットをベースに不埒な改造を施したジェイのオリジナル品だ。

番いのディアブロスが縄張りにしている場所はバズから聞いてあったが、ジェイはすぐにそこへは向かわず、途中にあるオアシスに立ち寄った。今回、共に狩りをするパメラという名の女ハンターと落ち合うためである。

オアシスに着いたジェイは辺りを見回してみたが、それらしい人影は見当たらない。
突っ立っていても仕方がないので、手近な岩に腰を下ろして待つことにした。砂漠特有の強烈な日差しが、じりじりとジェイの体を焦がすが、身に着けているアーマーのスキルの恩恵でほとんど苦にならない。
 
約束の時刻をやや過ぎた頃、オアシスに向かってくる一つの人影が見えた。まだ距離があるので明確には分からないが、おそらくパメラであろう。
やがて顔が見えるくらいの所まで、距離が詰まると、
「お前さん、糜爛亭のジェイかい?」
と先方が声を掛けてくる。ハスキーな声だった。

「確かに俺がジェイだが、糜爛亭の、は余計だ。パメラか?」
立ち上がりつつ、ぶっきらぼうな口調でジェイは応じた。
「ああ。あたしがパメラだ」
歩みを止めつつ、パメラが返す。ガブラスーツに身を包み、背中にはフルフルホルンを背負っている。ジェイよりも頭半分ほど背が高い。

ウエストからヒップの辺りのラインと、スーツの胸元を押し上げる二つの巨大な膨らみが女であることを主張してはいるものの、腕と脚は男のそれで、ラージャン似の体付きをしていた。
とは言え、顔の造作がまずいかと言えば、そんなこともなかった。髪型と髪の色はヘルムを被っているせいで分からないが、綺麗に生え揃った茶色の眉に琥珀色の瞳、通った鼻筋にやや厚めの唇をしており、若干エラが張り気味ではあるものの、綺麗な部類に入る顔をしている。

「今回はよろしく頼む」
ジェイは右手を差し出した。
「ああ、こちらこそ」
パメラがジェイの手を握った。途端、ジェイの手は物凄い締め付けを覚える。男でもなかなかお目にかかれない程の握力の持ち主だが、当のパメラは涼しい顔をしている。

別に張り合う訳でもないのだが、ジェイも無表情のまま右手に力を込めた。みしり、と二の腕から音が聞こえてきそうなほどに筋肉が膨張する。
不意に、パメラが軽く笑みを浮かべながら手の力を抜いた。それに合わせてジェイも力を抜く。

「あんたのことが気に入ったよ、ジェイ」
楽しそうにパメラが言う。
「大抵の男が、痛みで顔をしかめる。あたしと握手をして顔色一つ変えなかった男は、あんたが初めてさ」
「……本気の握手が出来る女に出会ったのは、俺も初めてだ」
「それ、誉めてるのかい?」
パメラがむくれたような顔をする。

「勿論。それはそうと、君に一つ聞きたい。飛竜に「オルガ・チェイン」を繋いだことはあるか?」
「いや、初めてだよ。あんたは?」
「前に二回程ある。仕切りは俺に任せてもらえるか?」
「ああ。頼むよ」
「分かった。では、早速行こうか」
ジェイはそう言って歩き出した。パメラも続く。
二人は「躾」のプランを練りながら、ディアブロ夫婦の縄張りへと向かった。

                                                        -続く-

ダス・フェアローレネ・パラディースⅡ -オルガチェイン 4 -

-4-

ディアブロスが身をよじりながら砂の中に体をねじ込み、あっという間に地上から姿を消す。
「パメラ!」
「分かってる!」
ジェイの声に応じて、パメラがフルフルホルンの柄に取り付けられた唄口を咥える。そして間を置かず、手の平で柄に空けられた音孔を半分だけ塞ぎつつ、鋭く息を吹き込んだ。次の瞬間、周辺の空気が少しだけぶれて、キンッという、金属で金属を弾いたような音が響く。

音が響いた直後、二人の十歩ほど先の砂が盛り上がり、ディアブロスの上半身が躍り出る。
高周波――狩猟笛特有の機能で、音爆弾と同様の効果がある。人の耳には何も影響を及ぼさないが、砂の中にいるディアブロスには効果覿面である。強烈に聴覚を蹂躙されたディアブロスは、下半身を砂に埋没させつつ苦鳴を上げて上半身を左右に振り回す。

自由を奪われてもがくディアブロスに、ジェイはD・V・Pの切っ先を叩き込む。切っ先が顔面に当たると同時に、グリップを捻って砲撃を喰らわせる。
1発、2発、3発、4発、5発――弾倉が空になるまで砲撃を撃ち込むと、アオーン、とディアブロスが高く鳴いてぐったりとくずおれた。

「終わったー」
パメラが気の抜けたような声を出す。すでに雌のディアブロスは昏倒させ、強力な麻痺剤を連続投与して自由を奪い続けてある。今倒し終えたのは、番いの雄の方だった。

「まだ、これからだぞ」
ジェイはそう言いながら、ポーチから飛竜用の注射器を取り出した。中には特性の麻痺剤が入れられている。ディアブロスの足の付け根辺りにナイフを入れて、太い血管を露にし、手早く麻痺剤の投与を行う。投与後、さほど待たずに雄ディアブロスの身体が、ビクビクと波打ち始めた。

ジェイはその様子を見遣ると、パメラに向かって、
「狼煙を上げてくれ」
と言った。
「あいよ」
パメラが火を起して、赤みを帯びた玉をくべる。程なくして赤色の煙が空へと昇ってゆく。
しばらくすると、砂煙を上げながら猛スピードでジェイ達の方へ向かってくる何かが見える――3匹のアイルーが引く荷車であった。
アイルー達は、ジェイ達の前で荷車を横滑りさせて停止させた。荷台にはジェイとパメラの「躾」用の道具が満載されている。

「毎度ニャ!」
3匹のアイルーが声を揃えて言い、ぺこりとお辞儀をする。
「すぐに降ろしてくれ」
そうジェイが告げると、3匹はすぐに作業に入る。人間など及びも付かない素早さと、外見からは想像出来ない腕っぷしの強さで瞬く間に全ての道具が降ろされた。そして謝礼を受け取ると、来た時よりも速い速度で帰ってゆく。

「せわしないねぇ」
パメラが苦笑する。
「やつらは忙しいんだ――俺達ものんびりしてる時間はないぞ。早いところ「躾」を始めよう」
オニロク――対飛竜用緊縛荒縄――を取り出しながら言うジェイの口元には、サディズム漂う笑みが浮かんでいた。それにつられて、パメラも嗜虐性を感じさせる笑みを浮かべるのだった。

                                                        -続く-

ダス・フェアローレネ・パラディースⅡ -オルガチェイン 5 -

-5-

『クウゥゥゥ……キュウゥゥゥ……』
ディアブロ妻が、くぐもった声を漏らす。
――あなた……後生だから見ないで下さい……。
人間の人妻ならば、おそらくそんなことを言っているに違いない。

捕らえられたディアブロ妻は、全身をオニロクで縛り上げられている。顎を地に着け、両脚を広げて膝を折り、臀部を掲げる恥辱の姿勢。尾は蠍の尻尾のように背の方へ反らされている。そのせいで、秘所が露になっていた。口元もしっかりオニロクで固定されているので、バインドボイスも上げられない。

少し離れた所では、ディアブロ夫がやはりオニロクで縛り上げられ、横臥の姿勢で放置されていた。顔は妻の方へ向けるよう、オニロクの縛りで強制されている。その上、パメラによって目の周辺に特殊な円形の器具が取り付けられ、目を閉じることが出来ないようにされていた。

ジェイは、ディアブロ妻の秘所に「竜堕としの雫」を丹念に塗りこむ――飛竜達の性衝動を無理矢理に喚起させる性悪な媚薬である。
程なくしてディアブロ妻の秘所に変化が訪れた――じんわりと透明な液体が、中心部から滾々と湧き出てくる。ジェイは両手で秘唇を押し広げた。すると、ぐぷっという音がして中からぼたぼたと大量の竜愛液が零れ、両手を濡らした。

『クゥウ……ク、クキュウ……!』
ジェイの所業に、ディアブロ妻が慎ましやかな声を出す。
――いやあ……ひ、広げないで下さい……!

「夫が見ているというのに、こんなに濡れそぼってしまうとは……いけない奥方だ」
ジェイが薄く笑いながら、そんな言葉でディアブロ妻を責める――もっとも、飛竜に人語で言葉責めなどしてもまったく無意味なのだが、あえてそれをやって悦に入るあたりは、さすがに飛竜フェチの異常性癖者である。その自己完結ぶりは半端ではない。

「ジェイ。旦那さんの方も、興奮なさってるみたいだよ」
パメラがにやにやしながら言う。ジェイがディアブロ夫の方へ視線を向けると、ペニスが隆々とそそり立っているのが見えた。太さはジェイの大腿部程もあり、所々節くれていて鍾乳石のような風体である。

「角が三本になっちゃったねぇ」
酔いどれオヤジが口にしそうな冗談を飛ばしながら、パメラはペニスを平手で軽く打った――ディアブロ夫が軽く身を捩り、アオーンと喉の奥でどこか甘い響きを持つ声を上げる。当然のことながら、夫の口元もオニロクで固定してあるので、バインドボイスを上げることは叶わない。

その間にも、ディアブロ妻の秘部からは竜愛液が絶え間なく溢れ続ける。滴り落ちた淫靡な液が、砂地を湿らせる程だった。
「濡らしすぎにも程があるぞ、奥方」
ジェイはジェイで、飽きもせずに不毛極まりない――但しジェイ的には有意義な――言葉責めを続けながら、ディアブロ妻の大腿部を平手でパシパシと小気味よく打つ。

「あれあれぇ? 旦那さん、何か先っちょから出てるよ」
意地の悪い口調でパメラは言い、ディアブロ夫自身の先端に指を這わせる。鈴口の辺りで円を描くように指を動かすと、糸を引いた。
「はは……竜我慢汁」
「まだ果てさせるなよ、パメラ」
ジェイはそう言いながら、D・V・Pの先端を「器頭」へと換装する。黒く染め上げられ、乳棒を思わせるフォルムは言うまでもなくペニスを模したものである。
「おぼこ」な雌飛竜には、口径の小さい器頭から使用するのがセオリーだが、今回の雌ディアブロスは夫のいる奥方であるので、こなれているだろうとジェイは考えて、遠慮なく最初から最大口径の器頭を選んだ。

                                                        -続く-
プロフィール

キリロクブ

Author:キリロクブ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。