スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダス・フェアローレネ・パラディース1

ダス・フェアローレネ・パラディース

「ふんっ!!」
 裂帛の声とともに、ジェイは愛銃槍「D・V・P」を突き上げた。ガンチャリオットをベースに独自の改造を施されたガンランスの切っ先が、桜火竜の側頭部を捕らえる。
 がつん、という手ごたえを感じるのと同時に、ジェイは左手首を内側へ捻った。カチリ、という音とともに、握り締めたグリップが半回転し、銃身の先端で圧倒的な熱量を持つ爆発が起こり、桜火竜の頭部へ追い討ちをかける。
 
 砲撃――ガンランス最大の特徴である、火薬と弾を使った攻撃だ。
 ジェイが更に二度、手首を捻って砲撃を叩き込むと、脳震盪を起した桜火竜は、か細い声を上げながら昏倒した。
 丘の上での丸二日を費やした戦いがやっとのことで終わり、ジェイは大きく息をつく。
 地に身を横たえる桜火竜に視線をやりながら、つい先日訪れた糜爛亭でのことをジェイは思い出した。
 

 糜爛亭という最低な店がある。
 ジェイがハンター生活の拠点を置いている街の片隅で、人目を忍ぶかのようにして営まれており、営業時間は日の入りから日の出までという店である。構えは薄汚れていて、どう見ても左前といった態なのだが、いつまでも潰れずにしぶとく残っている。
 頼みたいことがある、と店の主人に乞われ、ジェイは店に足を運んだ。
 
 鉄の分厚い扉を押し開けて店内に入ると、店の主人であるバズが下半身むき出しという珍妙な格好で出迎えた。幸いなことに、モスのように肥大した下腹のお陰でジェイの目にバズの陰茎が映ることはなかった。

「よおっ、ジェイ」
「お前、そんな格好を見せるために俺を呼んだのか?」
 ジェイがそう訊ねると、バズは心外そうな顔をする。
「まさか。そんな変態的嗜好はない」
「真性の変態がよく言う」
 ジェイのその言葉に、バズは取り合わず、
「新商品の開発中なのさ」
 と言い、傍らにあるテーブルの方へ顎をしゃくってみせた。
 
 ジェイがテーブルを見ると、そこには磔にされたフルフルの幼生がいた。両翼と尻尾に大振りな釘を打たれ、首は馬蹄型の金具で抑えつけられていて、顔がテーブルの縁にくるように固定されている。更に頭部には、怪しげな青と赤と黄の管が差し込まれていた。
それぞれの管の先には握りがついており、その先端には押しボタンのようなものが取り付けられていた。

 きゅう。

 フルフルが小さな声を上げた。
「可愛いねぇ、フルフルの幼生は」
 バズはそう言うと青い管の握りを掴み、ボタンを押した。するとフルフルがほわぁぁと弱々しく鳴き、口を大きく開けた。その口腔内には歯が一本もない。
 
 この時点で、バズが何をするつもりなのかジェイには見当がついた。
「すべて抜歯済みさ。噛み切られちゃかなわねーからな」
 ニヤニヤしながらバズが言う。続いて黄の管を手にしてボタンを押すと、フルフルはきゅっと鳴きながら口をすぼめた。

「少しだけこいつのオツムに細工をしてね。お手元操作が可能なのさ。どうだいイカスだろう?」
 やや虚ろな目でバズは言うと、右手で肉に埋もれた陰茎を引っ張り出した。いつの間にか勃起していた一物に、手早く絶縁処理を施したサックを被せる。
「コレつけねーと、本当に逝っちまう恐れがあるからな」
 
 バズは青い管のボタンを押してフルフルの口を開かせると、御世辞にも立派とは言いかねる男性自身を捻じ込んだ。そして右手に青、左手に黄色の管を持ち、交互にボタンを押し始めた。
それに合わせてフルフルの口が開いたり結んだりを繰り返し、バズの男性自身を刺激する。
「おおおう……いい具合だぁ。女なんか目じゃねえ」
 
 天井を仰ぎ、口の端からヨダレを垂らしながら、恍惚とした口調でバズは言った。テーブルの上では、フルフルが苦しそうにジタバタと身を揺すっている。やがてバズは青の管を置いて、赤の管に持ち替える。バズが赤の管のボタンを押した瞬間、フルフルの身体がうっすらと電気を帯びた。
「あ、あはははあああー、し、しびれるぅー!!」
 
 白目を剥きながら、バズが歓喜の声を上げた。だが、徐々にバズの様子がおかしくなってきた。
全身がビクビクと痙攣を始め、いつの間にか管は手から離れていた。フルフルの身体の表面を走る
電気の量が、先刻より明らかに多くなっている。
「ら、らめぇ、しむ! 本当に、逝っちゃぶ! どーにかしてジェイ!」
 
 助けを請うバズの絶叫が店内に響き渡る。ジェイは軽く舌打ちすると、バズの脇腹辺りに蹴りを
入れる。肥満した身体がテーブルから離れ、床に転がった。
 おぇ。
 フルフルがえづくように身を揺すった。
「あー、やばかったぜ。本当に逝っちまうトコだった」
 
 胡坐をかきながら、バズが大きく息をついた。
「やれやれ。どうやら放電の調節が甘かったようだ――ところで、完成したら『しびれフル』って
商品名で売り出そうと思うんだが。お前も試してみる?」
 バズはそう言ってニヤニヤと笑った。
 
 モンスターを性具として販売する店――それが糜爛亭である。世の中には人間の女では性的興奮を得られず、人外のものへとその衝動を向ける厄介な御仁達が、少なからず存在する。そういったマイ
ノリティ達が、この最低な店を支えているのだ。
 ジェイはゆるゆると首を横に振った。

「いや。遠慮しておく。それより頼みたいこととは?」
「気持ちいいのに。まあ、いいか。いやね、お前に桜火竜を納品して貰いたくてさ」
 八百屋で野菜を買ってきてくれ、とでも言うような軽い口調でバズは言った。

                                                      ―続く―








スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

ダス・フェアローレネ・パラディース2

「桜火竜か……」
 気性の荒い雌火竜の亜種。強力なブレスと毒の尾の犠牲になったハンターは、それこそ星の数ほどいる。通常はギルドを通してハンターを複数募集し、パーティーを組んで狩る相手であるのだが――。

「お前も知っての通り、ギルドはうちの店の依頼は受けてくれん」
 そうバズは嘆くが、そもそもギルドに敬遠される原因を作っているのは、当人の方なので仕方がない。
モンスターを性具にするためという、依頼の動機が多分に不埒なせいもあるが、それよりも、以前きちん
と報酬を支払わなかったことでギルドとトラブルになったのが主な理由だと、ジェイは漏れ聞いている。

「とある変態資産家様が、桜火竜を所望している。しかも『躾』が済んでいる桜火竜がお望みだ。報酬は
二、三年遊んで暮せるくらいの金額だぜ? お前の趣味にも合致して――」
「やかましい」
 バズの言葉を、ジェイは遮った。
「俺が『躾』ていいんだな?」
「『竜ならしのジェイ』以外の誰が、あんな化物を躾けられる?」

「しかし、探し出すのが大変そうだ」
腕を組みながらジェイが言う。原種のリオレイアはこれまでに幾度も討伐し「躾」の経験もある彼だが、
桜火竜にはお目にかかったことがない。

「それについては、当たりがついている」
「そうか。ならば、やってみよう。いつものヤクを仕入れといてくれ。それから拘束用の道具一式が要るな。
強度の高い物を頼む。できればオニロク製の物が望ましい」
「了解だ。変態ハンター様」
「お前が言うな」
 じろりとジェイが睨んだ。こわいこわいと、バズが首を竦める。

「まあ、そう怖い顔をするな。ギルドに村八分されてる者同士、これからも仲良くやろうぜ?」
「……」
 逆鱗に触れたのだろうか、先の時とは比べものにならないくらいの鋭い眼差しをジェイに向けられ、流石の
バズもたじろいだ。
「……まあその、なんだ。一人じゃ若干苦労するかも知れないが、お前なら大丈夫だろう。頼むぜ?」
「……ああ」
 短くジェイは答えた。


 昏倒した桜火竜に対し、ジェイはまず麻痺剤を投与することにした。突然覚醒し、暴れないようにするためである。右足の付け根辺りにナイフを入れる。硬い皮膚を裂き、筋肉を掻き分け、太い血管を探り出し、注射器で麻痺剤を打ち込んだ。麻痺剤はドスゲネポスの麻痺液や、毒キノコであるマヒダケを混合して作った特製のもので、通常のものより効き目が強くて長い。
 
 目を閉じたまま横臥する桜火竜の身体が、ビクビクと波打ち始めた。
 ジェイはそれを見届けると、枯枝を集めてきて火をつけた。ある程度火に勢いが出てきた所で、ポーチから赤みを帯びた玉を取り出して火にくべる。やがて、赤色の煙が空へと昇ってゆく。
 
 しばらくすると、丘の麓の方からガラガラという音が聞こえてきた。視線をやると、二匹のアイルーが荷車を押してくるのが見えた。荷台には、皮製の大きな袋が二つと、ジェイの身の丈程もある木箱、それに大樽が二つ載っている。
『毎度ニャ!! ご指定のお荷物をお届けにあがりましたニャ!!』
 二匹のアイルーは揃って言うと、ペコリと頭を下げた。

「ここへ降ろしてくれ」
 そう指示すると、アイルー達はてきぱきと荷物を降ろした。ジェイは荷物を降ろし終えたアイルー達に代金を渡した。
『またのご利用、お待ちしてるニャ!!』
 そう二匹は声を揃えて言うと、素早く去って行った。

「さて、始めるか……」
 ジェイは呟くようにそう言うと、まず片方の皮袋に手を伸ばした。口を縛っている紐を解き、袋の底の方を持ってひっくり返すと、中から大量の荒縄が出てきた。更にもう一つの袋からも同様にして荒縄を出した。
 
 次に片方の樽の蓋を取り外す。中には水が入っている。柄杓で水をすくい、地面の上に置かれた荒縄にかけてゆく。荒縄は貪欲なまでに水を吸い、長さ太さともに、あっという間に十倍近くにまで膨れ上がった。
 ジェイは縄を手にすると、桜火竜の身体を縛り上げる作業を開始した。慣れた手つきで縄を打ってゆくものの、身体の大きさが作業の進行を阻む。途中、二度ばかり鬼人薬と強走薬を飲んで作業を続けた。
 
 結局、半時程の時間を費やして縄を打ち終えた。
 そこまで来て、ジェイはやっとのこと身に着けているアーマーを脱ぎ、インナーのみの格好になった。
 レウスXシリーズの下から現れた浅黒い身体には、やや過剰なまでに筋肉がついていた。ガンランスを振り回す左腕は、右腕よりも断然太い。首も太い。その上に乗っている顔は、その身体つきにふさわしく、厳つい。黒い頭髪は短く刈り込まれており、濃い眉の下には黒目がちの瞳。美男ではないが、男の色気が匂い立つような顔立ちをしている。        
 
 ふう、と大きく息をつくと、ジェイは縄を打たれた桜火竜に目をやった。身体を緊縛しているのはオニロク製の荒縄である。稀代の縄造り師であるオニロクが「竜縊りの蔦」という植物を原料に様々な加工を施し、丹精込めて仕上げた逸品だ。
 
 見た目は単なる荒縄だが、その強度、柔軟性は右に並ぶ物はなく「老山龍が暴れても解けない」が商品のキャッチコピーになっている。
 やがて、桜火竜の身体から痙攣が無くなった。次いでゆっくりと目が開かれる。
『キュウウウウー!!』
 目を開けた桜火竜が、喉の奥で細い鳴声を上げた。口元もオニロクで縛られているので、口を大きく開けて咆哮を上げることは叶わない。

                                                      ―続く―

ダス・フェアローレネ・パラディース3

『キュウウウウ……』
桜火竜はもう一度、今度は苦鳴のような声を喉の奥で上げると、奇妙な行動に出た。
ゆっくりと脚を広げて立ち上がり、両翼を背の方へ反らす。同時に尻尾も背の方へ、まるで蠍のように反らし、次いで顎を地面につけた。人間で言えば、後ろ手に縛られ、顔を地につけて尻を高々と上げさせられている、恥辱の姿勢である。

 桜火竜がこの姿態を取ったのは――否、取らざるを得なかったのは、身体を緊縛する縄のせいである。ジェイは火竜の骨格、筋の流れを熟知しており、縄の打ち方次第でどのような格好でも火竜に自発的にさせることができるのだ。
 オニロクの戒めを受けて恥辱の姿勢を取る桜火竜を、ジェイは美しいと思った。特に全身が淡い桜色で染まっているのが、まるで羞恥で身体を火照らせているかのようで、背筋が疼くのを感じる。
ジェイは、掲げられた臀部の前に立った。少し見上げる位置に、剛毛に覆われた秘所がある。

「やはりレイアだな……」
 思わず苦笑する。可憐とも言える身体の色をしている桜火竜と言えども、やはりリオレイアである。剛毛なのは共通の体質のようだ。

ジェイはおもむろにナイフを取り出すと、レイアの恥部を隠す剛毛へと刃を当てた。そしてそのまま剃毛を始める。
『クゥゥゥゥゥー!』
 レイアの喉の奥からくぐもった声が忍び出てくる。
――いやっ、何をするの!? 
 
 人間ならさしずめ、その様に言ったであろう。ジェイは忍び笑いを漏らしながら、秘所に傷をつけないよう注意を払いつつ、淡々と毛を剃り上げてゆく。程なくして、レイアの性器と排泄器官が陽の下に晒された。
 鳥竜種であるランポスの雌などは、生殖器と排泄器官が同一になった総排出腔であるが、リオレイアは生殖器と排泄器官が別々の口になっている。なぜ斯様な構造になっているのかは諸説あるものの、識者の間でも決定的な説は今の所出てきていない。だが、卵を産んで繁殖する種族としては、かなり特殊と言えるだろう。

「ほう……」
 ジェイは思わず感嘆の声を上げた。レイアの陰部の可憐さに驚いたのだ。全身を染め上げる桜色より、更に薄い桜色をしている。サイズはかなり違うが、人間の女の秘部に似ており、陰核までついている。手を伸ばし、閉じられた秘唇を開く。
『キ、キュッ!?』
――こ、今度は何を!?
「おやおや……」
 ジェイは困ったような嬉しいような表情をした。広げられた秘唇の奥に、薄い膜のようなもの――ヴァージン・ベールが見えたからだ。このレイアは、まだ交合の経験がないようだった。
「お童貞様か……くくっ……気の毒に。初の相手が俺……いや」
 ジェイは脇に目をやった。

「ガンランスだなんてな」

 視線の先にはD・V・P――ダス・フェアローレネ・パラディース。
「だが、安心するがいい。同族の雄には望むべくもない快楽を授けよう」
『キュウウウウウウーーー!!』
 ジェイの言葉を理解したのかどうかは定かではないが、レイアは喉も裂けんばかりに鳴いた。だが、人間の生娘ならば。
――いやあああああああーーーー!!
 そう言ったに違いない。

ダス・フェアローレネ・パラディース4

ジェイはもう一つの樽の蓋を開けた。中には、薄く赤みを帯びた液体が入っている。手でたっぷりと掬い取り、レイアの陰部に丹念に塗ってゆく。
『キュクッ!?』
 驚いたような声をレイアが漏らした。
――はうっ!? 
 ジェイは液体を塗り終わると、今度は木箱を開けた。中には五本の棒状の物が入っていた。いずれも黒く染め上げられ、先端は緩やかな曲線を描いており、乳棒を思わせる。
 D・V・Pの先端部分を取り外し、五本の内で最も細い棒をジェイは手にした。弾力のあるその棒――「器頭」と名付けている――を、ガンランスの先端へと取り付ける。
 「武器」から「性具」への換装が終わると、ジェイはD・V・Pを持ち、レイアの秘部の前に立った。
『キュウン……ク、クゥゥン……キュウゥゥ……』
 レイアが甘ったれたような声を漏らしている。先刻塗りこんだ液体が、そうさせている。
――ああ……か、身体が……変だよぉ……。
 竜堕としの雫。「竜涎樹」という、竜にとって催淫効果のある樹液を持つ樹がある。アイルー達に対するマタタビのようなものだ。その樹の樹液をベースに、様々な媚薬を織り交ぜて「竜堕としの雫」は作られる。
 ジェイはレイアの秘所を見た。中心部から透明な液体が滾々と湧き出し、チェリーのような芳香を漂わせている。竜の愛液を採取して売り払えば結構な値になるが、そんなことにジェイは時間を割くつもりは毛頭なかった。
 器頭を、秘唇へと押し当てる。円を描くように器頭を動かし、愛液を広げてゆく。その刺激を受けて、中心部から湧き出る液の量がますます増えてゆく。
『キ、キュウ……キュウキュウ……』
――だ、だめ……だめだめぇ……。
 明らかに発情した声が、オニロクに塞がれたレイアの口から漏れ出る。陰核が通常時の数倍に膨張している。器頭でそれを軽く小突いてやると、緊縛された全身を激しく震わせ、
『クウウウウゥゥゥーーーン!!』
 と、一際高い声を漏らした。
――ふああああぁぁぁーーーん!!
「さて……」
 D・V・Pのグリップを握る手に、ジェイは力を込めた。器頭をゆっくりと陰裂へと忍び込ませてゆく。ジェイは己の陰茎がいきり立つのを感じた。それは、インナーのズボンを突き破らんばかりの硬さを持っていた――糜爛亭に「原料」を卸す役目をしているジェイ自身も、店の客達同様、人間の女では己の欲望を満たしきれない厄介な人種だった。
 

ダス・フェアローレネ・パラディース5

しかも、飛竜種にしか欲望を感じないという、かなり難儀な性癖の持ち主だった。自身の陰茎では如何せんサイズが合わないので、代わりにD・V・Pを打ち込み、己が飛竜を犯しているかのように妄想して射精に至るという訳だ。壮大な手間を掛けた自慰行為であり、掛値なしの異常性癖者である。

「さらば純潔よ」
 一気に押し入った。

『グウウウウウウウウウウウウウウゥゥゥーーー!!』
――くあああああああああああああぁぁぁーーー!!
 レイアの苦鳴が、響き渡った。


 『躾』を始めてから程なくして、レイアは絶頂に達することを覚えた。レイアが絶頂を迎える度、ジェイもインナーの中で射精を繰り返した。
 爛れた人間の男と爛れた桜火竜の雌――種族を超えた雄と雌が織り成す痴態は、三日にも及んだ。
 
 四日目の朝、試しにジェイはオニロクを解いてみた。無論のこと、完全武装した上である。ここでレイアがジェイに対して攻撃を仕掛けてくるようなら『躾』は失敗したことになる。ジェイの経験上、三日間『躾』て堕ちないようなら、それ以上やっても無駄になるケースがほとんどだからだ。
 ジェイの完全武装は――杞憂に終わった。
 レイアは逃げず、それどころかジェイに顔を摺り寄せてきた。レイアの蒼い瞳が潤み、ジェイの顔を映し込む。その潤んだ蒼い瞳に、ジェイは既視感を覚えた。この瞳は――脳裏で目まぐるしく記憶が逆巻き、一人の女性が浮かび上がる。
 似ている。あの瞳に。
『クゥ』
 小さく甘い声でレイアが鳴いた。その声で、ジェイは我に返った。
 レイアがジェイの顔を舌で舐め上げる。その行動に、ジェイは少なからず驚いた。このような態度を取る雌火竜など、見たことがなかったからだ。今まで堕ちた雌火竜は、ジェイの傍らで大人しくうずくまったりするのが精々だった。
 思わず、レイアの頬を撫でてやっていた――今までの彼ならば、そんなことなど絶対にしなかったのであるが。
 レイアがジェイから離れ、オニロクで拘束されていた時の姿態を取る。
『キュウゥゥ……クウウン』
――欲しく……なっちゃった。
 すでに秘部からは、竜愛液が滴り落ちている。
プロフィール

キリロクブ

Author:キリロクブ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。